「丸シールでお花を描こう!」コンテストへのたくさんのご応募をいただきありがとうございました。
現代美術家 大村雪乃さんによる厳正なる審査の結果、各部門の受賞作品が決定いたしました。
また、大村雪乃さんから総評と各受賞作品についてのコメントもいただいています。
(「クレド賞」はクレド岡山にて選出いたしました)

■受賞作品・コメントはこちら→ 《一般の部》《中学生以下の部》

[総評] 現代美術家 大村雪乃
丸シール素材のみという限定された中で、皆さん本当に創意工夫をなさって見事な芸術作品に昇華させていて、とても楽しい選考でした。
お花と一言で言っても捉え方は本当にそれぞれ違い、いろんな種類のお花を堪能させていただきました。
特徴的だと思った点は、一般の部ではお花を含めた空間全体を意識して描いてる方が多く、絵画のことをよく理解しており表現力の高さに驚きました。中学以下の部ではお花を「モノ」としてだけでなく「概念」としても理解し、抽象世界まで落としこんで表現する様子が、大人では思いつかない発想力で、将来の可能性を大いに期待しました。
何より皆さん創作をとても楽しんでいるように感じれて、それが何より選考していてうれしかったです。これからも丸シールで様々な表現を楽しんでください。